参観案内

京都は,桓武天皇が794年に平安京に都を移されて以降,天皇がお住まいになった場所です。現在の京都御所は1331年から1869年に明治天皇が東京に遷られるまでの約500年間,天皇のお住まいとして使用されてきました。この間,幾度となく火災に遭いその都度再建が行われましたが,現在の建物の多くは1855年に再建されたものです。その建築様式は古代以来の日本の宮殿建築が主体となっており,御殿を通して歴史と文化を見ることができます。
その中で最も格式の高い正殿である紫宸殿は,伝統的な儀式を行うために,平安時代の建築様式で建てられており,現在の建物では明治天皇,大正天皇,昭和天皇の即位礼が行われました。建物内部には即位礼の時に使用する高御座と御帳台が安置されています。
今日では,御即位などの皇室に関わる重要な節目の際の慶祝行事として京都御所茶会等が催されるほか,国賓の接遇では,皇室文化を紹介する場として重要な役割を果たしています。
また,敷地内には回遊式庭園の御池庭,献上の石や灯籠を配した御内庭など,木々や花など季節の変化も楽しめるものとなっています。

交通案内

交通案内地図

アクセス

  • 地下鉄烏丸線 今出川駅下車 徒歩5分
  • 市バス 烏丸今出川下車 徒歩5分
  • 京阪電鉄 出町柳駅下車 徒歩20分

通年公開出入口

当日参観受付場所の地図


参観案内図

参観案内ルート地図

参観コース

  1. 御車寄 おくるまよせ
  2. 諸大夫の間 しょだいぶのま
  3. 宜秋門ぎしゅうもん
  4. 新御車寄 しんみくるまよせ
  5. 建礼門けんれいもん
  6. 回廊 かいろう
  7. 紫宸殿 ししんでん
  8. 建春門けんしゅもん
  9. 春興殿 しゅんこうでん
  10. 清涼殿 せいりょうでん
  11. 小御所 こごしょ
  12. 御学問所 おがくもんじょ
  13. 蹴鞠の庭 けまりのにわ
  14. 御池庭おいけにわ
  15. 御常御殿 おつねごてん
  16. 御内庭 ごないてい
  17. 御涼所 おすずみしょ聴雪 ちょうせつ
  18. 御三間 おみま