参観案内 参観案内1

仙洞御所とは退位した天皇のための御所で,大宮御所とはその后のための御所のことを指します。京都御所に隣接する現在の場所は1630年,後水尾上皇とその后のために創られた時に遡ります。1854年の火災により主要なものは焼失しました。その後,大宮御所は1867年に整備され,現在でも天皇皇后両陛下や皇太子同妃両殿下が京都に来られる時の御宿泊所として用いられています。一方,仙洞御所の建物は再建されることなく現在に至っています。その優美な庭園には,北池,南池という二つの大きな池と茶屋があります。苑路は北池を回り,二つの池をつなぐ運河に架けられた土橋をわたり,南池を回ると,同じ形の石が敷きつめられた優美な南池の洲浜が見えます。春には桜や藤棚やツツジを愛で,秋には様々な色の木々を楽しむことができます。

交通案内

交通案内地図

アクセス

  • 地下鉄烏丸線 丸太町駅下車 1番出口より 徒歩15分
  • 市バス 府立医大病院前下車 徒歩10分
  • 京阪電鉄 神宮丸太町駅下車 徒歩20分

当日参観受付場所

当日参観受付場所の地図


参観案内図

参観案内ルート地図

参観コース

  1. 御車寄おくるまよせ
  2. 南庭 なんてい
  3. 北池 きたいけ
  4. 阿古瀬淵 あこせがふち六枚橋 ろくまいばし
  5. 束橋つかばし
  6. 紅葉橋 もみじばし紅葉山 もみじやま
  7. 土佐橋 とさばし雄滝 おだき
  8. 八ツ橋 やつはし南池 みなみいけ
  9. 醒花亭 せいかてい
  10. 又新亭ゆうしんてい