参観案内

 修学院離宮は,京都市の北東部,比叡山の麓に位置し,江戸時代初期,1656年から1659年頃にかけて,後水尾上皇により造営された山荘です。
 広大な敷地には,上離宮,中離宮,下離宮と呼ばれる3つの高さが異なる台地にそれぞれの庭園と建物があります。離宮内には水田があり,この水田を横切る松並木の道が3つの離宮を繋いでいます。下離宮は,「借景」と呼ばれる手法により,周囲の山々が庭園の背景となって,雄大な景色が目の前に広がります。中離宮の客殿には,「霞棚」と呼ばれる当時としては斬新な美しい形の違い棚があります。また上離宮の隣雲亭からは,眼下に見える大きな浴龍池(山からの小川を堰き止めて作られた池)と,その背後に広がる京都の市街地や周囲の山々などを望むことができます。春には桜,シャクナゲやツツジなどの花々が庭園を彩り,秋には錦に色づく山並みが広がり,季節の移り変わりを感じることができます。

交通案内

交通案内地図

アクセス

  • 叡山電鉄 修学院駅下車  徒歩20分
  • 市バス 修学院離宮道下車 徒歩15分

当日参観受付場所

当日参観受付場所の地図


参観案内図

参観案内ルート地図

参観コース

下離宮

  1. 総門そうもん
  2. 寿月観じゅげつかん

中離宮

  1. 楽只軒らくしけん
  2. 客殿きゃくでん
  3. 松並木まつなみき棚田たなだ

上離宮

  1. 隣雲亭りんうんてい
  2. 楓橋かえでばし土橋どばし
  3. 窮邃亭きゅうすいてい
  4. 千歳橋ちとせばし御腰掛おこしかけ
  5. 浴龍池よくりゅうち
  6. 西浜にしはま